最後まで大切なPETへようこそ
さようならペットさん

カワイイペット達

大切なペット。最後まで愛情を捧げて見送ろう

はじめまして。当サイトでは、ペット葬儀屋ペット霊園など、大切なペットがなくなった時に役立つサイトを目指して立ち上げました。
そろそろ、家のカワイイペットも年をとってきたなーと思ったら、まずは調べておいたら便利なこと等をご紹介してます。
ご参考にしていただけると嬉しいです。

ペット葬儀に対して

ペットの死に対して、その死を弔って心の整理をつけることがとても大事なことです。自分の家に庭があるのであれば、そこに埋めてやってもいいでしょう。
他には、お寺の中にはペットを埋葬してくれるところもありますし、ペット専門のペット霊園が東京や大阪、埼玉など葬儀場所は全国各地にあります。この場合は火葬してお骨を埋葬してくれます。

葬儀をして、ペットの死を人の死と同じように弔い、ペットに対しての愛情と感謝の気持ちを表現するとよいでしょう。葬儀はペットといっしょに過ごす最後の時間ですので、ペットの死を現実として受け入れて、ペットとの素晴らしかった暮らしを、良い思い出に変えていく、すばらしい機会となります。また、葬儀に参加してくれる家族や友人などと自分の感情を共有することができて、悲しみや不安を和らげることができます。

ペットが亡くなった場合

犬以外のペットについては市町村役場への届出の義務はありません。しかし犬の場合ですと、市町村役場への届出が義務付けられております。
届出するのは、飼い主の住所、氏名、犬の死亡年月日、登録番号です。
亡くなられたペットの死骸につきましては、飼い主が責任をもって処理をしなければなりません。
自分で処理できない場合には、死骸を焼却処分するか、または火葬して人間と同じように供養しましょう。
市町村によっては、ペットの火葬施設があるところもありますので、環境衛生課等に問い合わせてみるとよいでしょう。ペットの火葬施設が無い市町村の場合では、そのほとんどがゴミとして焼却されおります。この場合引き取りにお金がかかるようです。しかし、我が子同然にかわいがってきたペットをゴミのように扱いたくないですよね。そういう場合では、ペットの火葬や葬儀をやってくれる民間の施設を利用することをお勧めします。

ペットの死骸の公共的な扱いは下記の通りです。

@飼い主が自分で処理できない場合や、飼い主が不明で民有地(私道、空地、宅地等)にある場合
※各市町村の清掃事務所に連絡してください。この場合、手数料が必要になることが多いです。

A飼い主が不明であり、動物の死体が、市町村道にある場合。
※各市町村の清掃事務所に連絡します。

B飼い主が不明で動物の死体が、国の管理する「国道」にある場合。
※建設省国道工事事務所に連絡します。

pickup

性病について

エスニックファッションのことなら

前撮りするなら京都へ

交通事故の重い後遺症

下肢静脈瘤を治すなら大阪へ

メニュー火葬までの安置方法
火葬の種類
個別火葬と合同火葬
ペットロスとは
老犬老猫の付き合い方
悪徳業者に気をつけよう
安心信頼葬儀会社を探す
サイトマップ
HOME
リンク集
リンクについて
ペット葬儀・ペット霊園の最後まで大切なPET
「最後まで大切なPET」はリンク・アンリンクフリーです。相互リンク様も募集中です。 バナーをご利用下さい

(c)最後まで大切なPET Allright Reserved.